遺言書の効力とトラブル

遺言書の効力とトラブル

故人が遺言書を残している場合には遺言書に記載されている故人の意志に従って遺産整理を行います。
一般的に故人が残す遺言書に記載されている遺産の整理や分配法は、必ずしも民法で規定されている法定相続人の相続分割合とは一致していないことが多くなります。

 

 

 

故人が考える分配法になっていますので故人の個人的な感情が大きく反映された内容になっている事が多いのです。
相続人の中には遺言書の存在を予想していなかったために法定相続人として遺産の分配が受けられると考えていたのだが、実際の場面になって遺言書が発見されて自分への相続分が少なくてがっかりするケースがあります。

 

 

 

このように遺言書には故人の意思を反映するための大きな効力がありますので、遺言書が発見される前に相続人達が集まって遺産の分割について話し合いをして決定されていても、実際に遺言書が発見されると発見前の遺産分割協議の内容は効力を失いますので遺言書に記載されている内容が優先されます。

 

 

 

遺言書が派遣された時には開封する前に家庭裁判所に提出して検認を請求しますが、遺言書が公正証書で作られている場合はその必要はありません。
しかし、遺言書が出て来ても相続人の中には遺言の内容に納得がいかなくてトラブルなることが多く見受けられます。
日頃は故人と疎遠の相続人でも納得の行かない人は故人の身の回りをお世話していた相続人に対して「故人の意思を誘導した」などの言い分をぶつけて法定での争いにまで発展する事もあります。