相続財産としての遺品の種類

相続財産としての遺品の種類

遺品には様々な種類がありますが、相続財産として大きなものは土地建物などの不動産資産や預貯金や有価証券などの動産もあります。
これらは基本的に相続資産として遺言書がある場合には遺言書に書いてある故人の意思に沿って分配されますが、遺言書がない場合には相続人同士の話し合いやで決めるか、話し合いがつかない時には民法の規定に従って弁護士や家庭裁判所などにおいて分配を確定します。
しかし、このような相続財産だけでなく故人の遺言書にも記載されていない遺品も数多くあります。

 

 

 

さらに大きな問題として故人の残した遺産の中には銀行借入などの金融機関などからの借金も「負の遺産」としてありかもしれません。
土地や建物などの不動産資産や預貯金や有価証券などの金融資産などを相続する方は、故人の残した借金などの「負の遺産」も引き受けなくてはならないのです。

 

 

 

世の中には故人の遺言に従って不動産などの資産を相続した為に借入金などの「負の遺産」の金額のほうが大きくて借金の返済に苦労をしている方も多くいます。
一般的に「プラスの遺産」の種類には「不動産」や「預貯金」「株券などの有価証券」「自動車」「貴金属」「宝石類」「書画骨董品」「ブランド品」「衣類」「著作権」「配当金」「貸付債権」「生命保険」・・・などと多岐にわたります。

 

 

 

また、故人が事業を営んでいた場合には「会社の株券」「経営権」「退職金」・・・などもありますが、事業の場合には会社の借金の個人補償などの「負の遺産」がついてきますので注意が必要です。