遺言書の効力と遺品整理

遺言書の効力と遺品整理

遺言書の存在が判明しましたら直ぐに家庭裁判所に提出して検認を請求します。
もし、遺言書が封印されていましたら絶対に勝手に開封せずに家庭裁判所に提出しなくては成りません。
もし、開封する場合には相続人候補者全員の立ち会いか相続人の代理人の立ち会いのもとで開封することが必要です。
勝手に開封しますと他の相続人から遺言書を操作したと見られてトラブルの原因になります。

 

 

 

家庭裁判所での検認は遺言書の存在確認を公的に称するものでありますが、遺言書の有効性を問うものではありません。
もしも、遺言書が公証人の立ち会いで作られた公正証書という形式になっておりましたら公証人が家庭裁判所と同じ立場で確認しておりますので、家庭裁判所に届ける必要も検認の請求も必要ありません。

 

 

 

上記のような点を注意して遺言書を相続人全員のもとで開封して、遺言書に記載されている故人の意思にそった形で遺品の整理を行い分配や形見分けを行います。
遺言書が存在しない場合には相続人全員の話し合いでまとまれば、その決定に従って遺品整理を行なって分配も行えます。

 

 

 

しかし、相続人同士での話し合いが平行線で結着がつかない場合には弁護士か家庭裁判所の判断において法律に従った分配を行います。
しかし、遺品の分配で金銭的に評価する出来るものは法的に分配できますが、故人の形見としての心のこもった遺品の処置は法律では決着できませんので最終的には争わずに相互の話し合いで決めることが故人の意思に沿うものでしょう。